• 業務内容紹介
  • 施工事例集
  • トクトク情報
  • お客様の声
施工事例集
  • 見積依頼
  • メールはこちらへ

枚方市 Y様邸 タイルデッキ「TOTO バーセア」ベランダ工事

Roof
   Balcony


ルーフ
   バルコニー

タイルデッキ「TOTO バーセア」

新築戸建て住宅のルーフバルコニーの
防水層保護と夏場の階下室温抑制を目的に「保水機能」のものを施工。

枚方市 Y邸
工事期間 :1日間
住宅形態 :戸建て
構   造 :木造
築 年 数 :新築


2階の洋室3部屋分の上をすべてルーフバルコニーにしています。
夏の暑い時期でしたが、施工性がよくきれいに仕上がりました。




まず仮置きして、タイルデッキ材の割り付けをします。 タイルデッキをカットするときは裏返して、樹脂部分をカット。

凸凹のあるところから始めました。 あとは次々と敷いていきます。 調整材を隙間に敷きこみます。

落葉が多い場所なので点検しやすいよう、見えるようにしてみました。 もう一か所は、見た目を考慮し調整材で隠してみました。点線部に落とし口が隠れています。 調整材をめくりあげたところ。

完成です。 完成です。 バーセア効果を検証してみました。バーセア面で41度39%

ちなみに施工前の防水面では34.7度 湿度61%だったので気温の上昇などはありますが6.3度上昇しました。 では、
バルコニー下の洋室天井裏は39.6度 湿度42%
洋室の室内はどうでしょう。室温29度 湿度65%

打ち水後の温度は4度しか下がっていませんが、炎天下での施工で3時ごろに計っていることを考えると、夏の夕方、日が沈んでから打ち水をするともっと効果が見られるでしょうし、さらに風が吹き抜けてバルコニーにリビングが面しているなら、窓を開け放せば“涼しい”かな?と感じました。
では打ち水をするとどうでしょう?保水機能の検証です。 打ち水後のバーセア面では温度37度 湿度50%で4度下がりました。


  • 所在地の案内
  • 住まいの基礎知識
  • リフォームの流れ
  • お役立ち情報